子育てに最適な環境

子育て、セカンドライフに ─緑豊かな住環境

「春にはウグイスが楽しませてくれるんですよ。」
そう教えてくれた方は、春を告げるかわいい来訪者を、毎年楽しみにしているご様子。
近くのキャンプ場でファミリーキャンプに興じたり、自分だけのハイキングコースを開拓し、楽しむ方も。
住まいの近くに溢れるこうした豊かな自然に惹かれてこの街に決めた、という方が多いというのも当然かもしれません。

街の中にある山手台小学校、山手台中学校からは、子どもたちの元気な声があふれています。子育て世代にも安心の住環境が、ここにはあります。

一方で、シニアのセカンドライフの地としても人気を博しているところが、この「阪急宝塚山手台」の特徴でしょう。

歩く人の安全を優先して作られた「コミュニティ街路」や、ケヤキ並木が美しいメインストリートは、お子さまの通学路として、シニアの方の散歩道として利用されています。

お住まいの方のひとこと自慢

緑いっぱいで安心して住める街、子育ての環境の良さが決め手でした。(Oさん)

お子さんが就学する前に新しい環境に移ろうとのお考えで、お住まいを探されていたOさん。

「遊ぶ場所がたくさんあるかどうか、学校が近いかなど、子どもにとって良い環境であるかどうかがポイントでした。」

Oさんご一家の4歳と2歳のお子さま(当時)は、お住まいのすぐ近くの山手台南公園に遊びに行くのがお気に入りなのだとか。
山手台なら、緑の中で自然とふれあいながらお子さまとおもいっきり遊べそうですね。


町全体が元気な山手台で、子どもがすくすく育っています。(Tさん)

「郊外の住宅地でマイホームを」との夢を山手台でかなえられたTさん。
上のお子さんは、2学期から山手台小学校に転校されたそう。ちょっぴり不安に感じることは、なかったのでしょうか。

「うちと同じように引っ越して来られた方が多いからでしょうか。
友達もすぐにできて、学校が楽しいと喜んで通っています」。